静かで駅近の居住空間を求めて

TOP 会社設立 会社設立と会社形態について

会社設立と会社形態について

会社設立の際は、法務局で登記申請手続きと、公証役場で定款の認証手続きをしましょう。

登記は1週間ほどで完了しますが、会社の設立日は登記申請書を提出した日になります。専門知識がないと難しい部分もきっと多いでしょう。そのため、専門家に相談してみるのも良いでしょう。

合同会社とは、日本における会社形態の1つである。GKと略称する。平成18年5月1日施行の会社法により新しく設けられた会社形態である。

比較的安い費用で法人の会社設立を考えている方は、合同会社がおすすめです。

賃貸事務所や会社設立の関連記事

正しい知識が必要な会社設立

会社設立するには、法務局で「登記申請手続き」と公証役場で「定款の認証手続き」が必要になります。登記は1週間ほどで完了しますが、法務局に登記申請書を提出した日が、会社の設立日となります。

定款とは会社名や所在地など基本原則が書かれている書類で、公証役場では法的に問題が無ければ認証してくれます。

書類を作成するには、法律に関する正しい知識が必要になりますので、難しければ法律家に相談し、作成を依頼することも可能です。

一人で行う会社設立と営業

会社設立をしたいけど設立の仕方がわからないという方はたくさんいると思います。

これまでに営業の仕事をした事がなく、会社設立を行うという経営者もいるでしょう。

むしろ、自分が専門としている業種以外の仕事をした事がないという人も結構いるのではないでしょうか。

その様な場合でも、会社設立を行えば経理なども自分で行う人もいます。すべてを一人だけでこなしていくのはかなり多忙となる事が予想されます。

また、最初の間は営業を雇う余裕がなければ、経営者が自ら営業を行っていかないといけない場合も考えられます。会社でも営業が優れている所は強みとなる、と言われる事があるみたいです。

営業はとても重要な部分だと考えられますので、一人の場合は経営者が積極的に行っていきたいですね。

メニュー

やっぱり駅近物件Naviホーム 賃貸 賃貸大阪 梅田賃貸マンション 不動産 不動産会社 大阪の賃貸事務所 レンタルオフィス レンタルオフィス大阪 会社設立 Tシャツ作成

当サイトへのお問い合わせはこちら

"やっぱり駅近物件Navi"では賃貸マンションやアパート、一戸建て賃貸といった情報や扱う不動産会社についての情報をご紹介しています。Tシャツ作成のページも是非ご覧ください。会社設立・起業の際に利用したい梅田、本町、難波、心斎橋といった場所にある大阪の賃貸事務所や賃貸オフィス、レンタルオフィスも注目を浴びています。

東京や大阪(梅田)はもちろん、全国の広い地域でTシャツ作成を行っている業者についてもチェックしよう。

定年退職後に会社設立を目指す

長期的に働いてきた会社を定年退職して、年金が出るまでの間は自分のお金でやり繰りしないといけません。

何年もの間、収入がない状態でやり繰りするというのはかなり大変な事ですね。そこで、定年後の生活の事を考えて、会社設立を目指す人もいます。

在職中から会社設立に向けて、休日などを利用して準備を行う人もいる様ですね。定年後であれば、働いてきた経験がありますので、それらを活かす事ができるでしょう。

経験も豊富ですので、きっと社会で活躍する事ができるでしょう。また、開業するのではなく、定年の後にも働く事ができる会社を見つける人もいます。

この様に何らかの形で定年後も働く事を希望する人も少なくない様ですね。

副業として会社設立を行う

学生や主婦でも気軽にできていいと言われている週末に副業として行う会社設立ですが、いい事ばかりだとは言えない様ですね。何か本業として行う傍ら、副業を両立させるというのはバランスがうまく取れない人がいる様です。会社設立を行うとなると、副業とはいえども、かなり本格的にビジネスを行うつもりだという人が多いでしょう。副業で成功しても、副業にかける時間を十分に取る事ができずに、平日に睡眠時間を削るなどして仕事をする人もいる様です。成功しなかったら、労力や費用を費やしても利益とならないという事もあります。

会社設立でも、副業となれば気軽にできそうな感じもしますが、実際にやってみるとビジネスである以上は、ハードルが高い事もあるみたいですね。

1円から会社設立

新しい制度によって、会社の設立の手続きが簡略され、以前よりも簡単になりました。

そのため昔に比べると、定年退職してから会社を作りたいと言う人や若くして起業する人が増えてきたような気がします。

新会社法により、類似商号禁止の規制や最低資本金制度、払込の証明手段などが変更されました。

最低資本金制度とは、以前は株式会社の場合1,000万円、有限会社は300万円がの資本金を用意しなければ会社設立ができませんでしたが、新会社法により1円から設立することが可能になった制度です。